日帰り女子たび

お気楽なおでかけ情報やおススメのお店などをご紹介

こいこい日記 プチ情報

【百舌鳥八幡宮】意外とハマる、ふとん太鼓「月見祭」2019

毎年、中秋の名月に近い土日に、

堺市の百舌鳥八幡宮で行われる「月見祭」があります。

宮入・宮出

2019年は9月14日(土)宮入、9月15日(日)宮出です。

所在地:〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5丁706番地
●JR阪和線百舌鳥駅下車 徒歩10分
●南海高野線百舌鳥八幡駅下車 徒歩13分
●地下鉄御堂筋線中百舌鳥駅下車 徒歩20分
または6番出口 バス津久野駅前・伏尾方面行き百舌鳥八幡前下車徒歩5分

交通事情

祭の2日間は、境内の駐車場がなくなります。

車で行くとあちこち通行止めで渋滞に巻き込まれますので、上記の公共交通機関を利用しましょう。

2019年運行表(スケジュール)

◆宮入 9月14日(土)

順番 町名 境内運行時間
赤畑町 11:00〜12:00
中百舌鳥町 13:20~14:20
梅町 14:30~15:30
陵南町 15:40~16:40
本町 16:50~17:50
土塔町 18:00~19:00
西之町 19:10~20:10
梅北町 20:20~21:20
土師町 21:30~22:30

◆宮出 9月15日(日)

順番 町名 境内運行時間
赤畑町 11:40〜12:40
土塔町 12:50~13:50
西之町 14:00~15:00
梅北町 15:10~16:10
中百舌鳥町 16:20~17:20
陵南町 17:30~18:30
梅町 18:40~19:40
土師町 19:50~20:50
本町 21:00~22:00

百舌鳥八幡宮の周辺9町が、2日間にわたって「宮入」「宮出」を行います。

coicoiの地元、中百舌鳥町(なかもずちょう)でして、今年は2番13:20~宮入でした。休憩を入れて60分八幡宮内で「ふとん太鼓」を担ぎねり歩きます。

(地元では「担ぐ」とは言わず、「かく」といいますが)

下記は2017年のレポートです(・v・)

coicoiが撮影したのですが、スマホを縦にして撮影して、こんな仕上がり。しくじりました(==)チーン

coicoiが初めて「ふとん太鼓」を見たのは約20年前。

境内で見たのですが、とにかく人が多くてもみくちゃになります。

かき手(担ぐ人)がすぐそばまで来て押され、それが迫力があり、祭って感じです。(この表現は伝わりにくいかもですが・・・)

「だんじり」も迫力があって素敵ですが、大きな違いは、男性しか担げないことです。

coicoiは太っちょな方は好きくありませんが、この日だけは太っちょな方が勇ましくかっこよく見える2日間なのです。(なんて失礼な事を!)

なんてったって太鼓台の重さは、総重量3トンほど。

単純計算で1人の片肩に40数キロの重量がのしかかります。

女性では無理ですね(^^;

高さ4mあるそうで、70名ぐらいで担ぎます。重さは各町の太鼓によって違いますが、中百舌鳥町は10年ほど前に新調し、総黒檀でかなり重たいようです。

ちなみに、金色の綱は24金らしいです。

($◆$)まぶしい~

大太鼓と小太鼓があり、小太鼓は主に中学生が担ぎます。

大太鼓は高校生以上で上は60歳代の方も担がれてます。

大太鼓の一番上には大人が2名乗り、中央部には小学5・6年生の男子が8名乗ります。そして太鼓を叩きます。

掛け声は「ベーラベーラベラショッショイ」です。

これは「はやし歌」の最後の方で、もっと長い歌詞があります。

はじめ聞いた時は「何じゃらほい?」と思いましたが、そもそも月見祭は五穀豊穣を祈願したもので、「ベーラ」を漢字で書くと「米良」となるそうです。

それを聞いて「なりほどっ」と思いました。

宮入の順番がくじで決められるので、その時間に間に合うように、町内を練り歩き、宮入の1時間前に参道で待機です。
宮入前に町内や国道を封鎖して歩くのも、地元民で楽しめるスポットです。

[出典:F.Ueno]

百舌鳥八幡宮は表の参道と裏の参道があり、7町は表参道から、2町は裏参道から宮入宮出します。

中百舌鳥町は裏参道から宮入宮出します。境内に入るまでの参道が結構狭く、1カ所はL字クランクになっており、曲がるのが難しいのですが、2町の男たちは見事にやり遂げます。

まずは、そこを曲がれると拍手です。そして、境内に入る前もL字クランクほどではありませんが、90度に曲がって入らねばなりません。

基本、ギャラリーは境内の中から見るのですが、境内に入るところが見せ場で、中百舌鳥は入ったところで かき手の足元にスモークをたいて演出します。(今年は八幡宮の本殿前ぐらいでたかれてましたが・・・)

coicoiはいつも、そのシーンを見ると、感動して鳥肌が立ち、感動して少し目頭が熱くなります。

写真も映像もないので、この感動はお伝えできないのが残念ですが・・・(--)

で、各町、趣向が違いますが、中百舌鳥町の見せ場は、名物8人の「ちょうちん部隊」がおり、「スモークの中から大名行列のごとく提灯を筆頭に太鼓台が現れ、豪快に房を揺らしながら担ぐ勇壮華麗な姿」と、青年団長も申しております。

このちょうちんを持つのは青年団で、左右に体を揺らし足並みを揃えて歩きます。

境内を1往復したところで、ちょうちん部隊だけは外れ、太鼓のみ何往復かします。

見どころ

休憩をはさみ、境内から表参道に行く階段を下ります。

これは、命がけの見せ場です。

毎回見るときは、鳥肌が立ちます。

ここでは、担当班のメンバー以外にもサポートに入り、

みんなで下までおろします。

太鼓に乗ってる子供たちも斜めになりながら、

激しい太鼓をたたきます。(階段用の音色)

そして、少し参道を歩いてから、また方向を変えて

次は境内に戻るために登ってきます。

[出典:F.Ueno]

今のところ、幸いにも倒れたことはないそうですが、毎回ヒヤヒャします。

表参道から入る7町は、境内に入るときに登るだけですが、裏参道から入る中百舌鳥町と梅北町は、下って登るという荒技を披露します。

非常に負荷がかかりますが、見せ場でもありますので、頑張れるのでしょうね~(・v・)

最後は、自分の町の太鼓小屋に入って、宮入は終了です。

9町の宮入が終わるのは、22時になります。

今年は、本町が新調したようです。見たかったなぁ~。

で、宮入が終わってからのお楽しみは、出店です。

百舌鳥八幡は結構広くて、かなりの数の出店があります。

今年は、シンガポールに住む5歳の甥っ子も一緒に見に行ってたので、出店でテンションが上がってました。

何かはわかりませんが、綺麗な水が入ったビーズのようなものを、豆電球の形をした瓶に入れてもらい、嬉しそうに持って帰りました。

500円なのですが、瓶の底のボタンを押すと光ます。これは安い。

coicoiはラムネを飲みました。ゲプッ(こら、はしたない)

19歳の姪っ子も一緒に行ってたのですが、こんなレインボーなフローズンを飲んでました。

歩き回り疲れたので、みんなで家に帰りました。

祭りはやっぱいい。

普段集まれない家族も集まって、楽しい1日が過ごせます。

明日は宮出です。

見たことのない方は、機会あれば是非ご覧ください。

ご清聴ありがとうございました。

-こいこい日記, プチ情報

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GW最終日はゆっくりランチ&散歩がちょうどいい!

もくじ1 中之島で「レーベルカフェOSAKA」でランチ2 中之島バラ園を散策3 More from my site 中之島で「レーベルカフェOSAKA」でランチ GWだからと言って、お出掛けしないとい …

「石川テレビの石川さん」にハマるわけ

石川テレビのマスコットキャラクター ★★★★★★★ 石川さん ★★★★★★★ 職場の同僚が、毎年金沢に1人で旅行に 行くのですが、その時に購入したという 石川さんグッズ!!   その石川さん …

【BOOK】電車の中で読んではいけない本「ちょこやまくん」

こいこいのおススメベスト10に入る本です。 何年か前に買った本ですが、たまに引っ張り出して読みたくなります。 少し落ち込んだ時に読むと、少し元気になるかもっ(・◆・)♪ ただ、電車の中で読むと、始めは …

【寅八商店】心斎橋店「いけすの泳ぎイカと鰹の藁焼きタタキ」ほか8品

  このいけすで元気に泳いでいるこのイカたちは、我らに食べられてしまいました。 気の毒な気はしますが、その気持ちとはウラハラに、イカのお刺身は激ウマでございました。 新鮮過ぎて、げそが動いて …

【心斎橋】ベトナム料理『アンゴン』で乾杯♪~棚田ガイド

  ◆心斎橋にあるベトナム料理の「アンゴン」 大阪府大阪市中央区南船場4-11-24 エミービル 2F 今回はコースではなくアラカルトメニュー。 好きなものを好きなだけ注文しました。 メニュ …

検索

ペンネーム:coicoi
趣   味:友達とおでかけ
職   業:しがないOL
居 住 地:Osaka