日帰り女子たび

お気楽なおでかけ情報やおススメのお店などをご紹介

日帰り

【沖縄】弾丸日帰り ~ガンガラーの谷をトレッキング!~


行きつけの美容室の担当スタイリストと友達の4人で、弾丸日帰り沖縄の旅に行ってみました。
LCCピーチの安いチケットだから成せるワザ。

【観光内容】2016年

①「沖縄ワールド」でスーパーエイサーショー鑑賞
②「ケイブ カフェ(CAVE CAFE)」で軽くランチ
③「ガンガラーの谷」で80分トレッキング
④沖縄雑貨店「COCO」に立ち寄り
⑤「浜辺の茶屋」でブレイクタイム
⑥「長瀬島ホテル」の「龍神の湯」入浴
⑦夕食は那覇空港でソーキそば&ゴーヤチャンプルを食べる

【費用】1人あたり
●飛行機:13,010円
●レンタカー:1,000円
●ガンガラーの谷 トレッキング: 2,200円
●おきなわワールド:無料(通常620円)
●龍神の湯:1,330円(+足つぼマッサージ10分 500円)
※カフェやソバは食べるものによる。

◆関空からピーチでフライト

LCCピーチで関空7:00発-那覇空港9:05着のフライト(現在のピーチの始発は、10:30発なので1時間30分ほどのロスですね)その分、メインをしぼらないとダメですが、それでも滞在時間は約6時間ぐらいはありますので、ガンガラーとカフェ、温泉ぐらいはいけそうです。

どうでもいい情報ですが、始発だったので、ピーチ機体が勢ぞろいしてました。7機ぐらいはあったような。なかなか見れない光景でした。

◆「おきなわワールド」でスーパーエイサーショー鑑賞

おきなわワールドは、琉球王国(城下町)や鍾乳洞、お土産や他に色々とあります。そこで、無料で見れるのが沖縄の伝統芸能「スーパーエイサーショー」です。激しくジャンプしながら太鼓を打ち、ご陽気な踊りです。

                      [出典:おきなわワールド]

踊りが終わると、観客みんなで踊ります。最後には記念写真も撮ってもらえます。

もし、時間があるようでしたら「鍾乳洞・玉泉洞」是非行ってみてください。別途お金はかかりますが、結構な長さもあって、見ごたえありです。今回は時間の都合で行けませんでしたが、前回の旅行で体験済みです。

ケイブカフェ(CAVE CAFE)でランチ

おきなわワールドの駐車場から少し車を動かして、道路を挟んで向かいにある「ガンガラーの谷」へ。
終わって分かりましたが、トレッキングの最終地点がおきなわワールドのところに出ますので車はそのまま停めておいても良いかと思います(^^;
広場を歩いて、まずはケーブカフェでトレッキングの受付をします。そして、時間まで少し時間があるので、軽くランチをしました。

このカフェ名物の「35コーヒー」と「焼きおにぎりと かちゅー湯」をいただきました。
(35コーヒーは風化サンゴで焙煎した豆を使用。そして かちゅー湯は鰹のだしでとったスープ)

 

◆「ガンガラーの谷」で80分のトレッキング

こちらは事前に予約が必要ですのでお忘れなく。

15名ほどが1チームになります。はじめに、ケイブカフェの奥で、ガイドさんから注意事項や森の説明を受けます。
この洞窟からは、原始人の骨が発掘されたそうです。
(これはその時の説明です↓)

一通りの説明が終わったら、冷たい「さんぴん茶」の入った水筒が配られ、それを持ってゾロゾロと出発します。

ジャングルの様な森を80分歩くのですが、暑かったので結構ハードです。でも、ガイドさんの説明を聞きながら熱帯ジャングルを歩くのはとても楽しく、いい運動になりました。


洞窟の奥には、いびつな形をした大きな鍾乳石があります。
中に入ると、暗いのでランタンを貸してくれます。なかなか味がある。

そこは行き止まりなので、引き返してから別ルートへ。
トムソーヤがいそうな、木のやぐらに登ると、結構な高さでビビりました。すぐに引き返しましたが・・・(基本ビビりなもんで)

そして、最後の目的地は、森の賢者「大主(ウフシュ)ガジュマル」です。「圧倒的な風格をたたえた緑の長老、ガンガ ラーの谷の番人」と言われており、何百生きてきた今もゆっくりと成長を続けているそうです。
そこからは、神秘的な雰囲気をかもし出し、エネルギーに満ち溢れた感じです。いっぱい、パワーチャージしました。

アトリエ+ショップCOCOCO

ケイブカフェから車を走らせること20分程度のところにあるお店。
玄関を入ると広い庭があり、その奥にあるかわいい小屋があり、沖縄の焼き物などを展示販売しているお店です。
今回は、何も買いませんでしたが、いいものを見せていただきました。



◆「浜辺の茶屋」
でブレイクタイム

 雑貨やから車で20分ぐらいで、このカフェの駐車場に到着。
駐車場はお店の少し手前にあり、1~2分歩くとこんな看板が見えてきます。

階段を下り、お店の中に入ると、左手に海が見えるカウンター席が並んでます。テーブル席もありますが、カウンター席へまっしぐら。本当に眺めの良い風景が目の前に広がります。
私たちが行ったときは、引き潮だったので、向こうの方まで岩肌が見えました。元気で若いスタイリストさんは下におりて大はしゃぎ。(暑いので私は窓から眺めるだけにしときましたけどっ)

満潮の時は、こんな感じ~

こちらみたいに満潮になりきらない時が一番眺めよしですかね~

お店の中にある旅行者が誰でも書ける「たび日記」みたいなのがあり、私はそこに楽書き程度にコメントを残しました。
すると、その数か月後に友達が、たまたまこの茶屋に寄ったときに、私のコメントを見つけて写メで送ってきてくれるというミラクルがありました~(^^)

長瀬島ホテルの「龍神の湯」入浴

ここからは、「龍神の湯入浴」組と、「国際通りでショッピング」組とに分かれることにしました。国際通りでスタイリストさん2名をおろしてから、私と友達は瀬長島ホテルへ。空港から15分ほどのところにあるホテルで、帰るときもすぐに空港へ行けます。

この「龍神の湯」は、夕日が眺望できるオーシャンビュー天然温泉露天風呂。

素敵なのは、海側から見えないように、海側は立って浸かれる「立湯」になっており、女性への気遣いが素晴らしい。
ホテル公式サイトの動画を見てみてください。

トレッキングなどで汗をかいたので、温泉でスッキリして帰ろうかと思ってましたが、ここで大変なことが発覚!
なんと、わたくしめ、不覚にも着替えを持ってきてなかったのです。
オ~マイガ~Σ( ̄□ ̄|||)
しぶしぶ、バミバミな服を着るという悲劇。
気を取り直して、10分500円という足つぼマッサージでスッキリ。最後はなんとか帳尻を合わせることが出来ました。

それから、国際通り組を迎えに行き、那覇空港へ。
車は、行きも帰りも、レンタカー屋が空港まで持ってきて取りにくてくれます。とても親切で安かったです。(琉球レンタカー

◆那覇空港「天龍」でソーキソバ&ゴーヤチャンプル

搭乗手続きをしてからの待ち時間を利用して、沖縄好きの友達おススメのお店で夕食。
ソーキソバもゴーヤチャンプルもとても美味しかったです。

全日程を終了し、またピーチで大阪へ。

全てを入れても20,000円ぐらいで、行けたと思います。
(飛行機はシーズンや曜日によって値段がかなり変動します)
沖縄日帰りでも十分楽しめました。
機会があれば、トライしてみてください♪



-日帰り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【アルフォンス・ミュシャ】プチプラ400円で芸術鑑賞のあとは、アメリカンサイズのチーズバーガーランチ!

    『あこがれ アルフォンス・ミュシャに魅せられた人々』 が11月5日(日)までやってます。(もう終わるやん(;・∀・)) 11月11日からは「図案のすすめ ミュシャとデザイン …

【東福寺】毎年行きたくなる京都の紅葉スポット「看楓特別拝観」

  【ベストシーズン】 京都の紅葉で超有名スポットベスト3に入る東福寺の「看楓特別拝観(かんぷうはいかん)」は、2018年は11月1日~12月2日まで。 coicoiは11月8日の平日に行っ …

ルピシア グランマルシェ2019 世界のお茶の祭典 予約開始!

ルピシア グランマルシェ2019 大阪会場 会員限定ではありますが、今年も日本の各地域での開催スケジュールが決定し、大阪会場の予約受付が2月15日から開始しました。 [出展:ルピシアグランマルシェ公式 …

【般若寺】コスモス寺は穴場スポット ~ KKR奈良みかさ荘でランチ

  KKR奈良みかさ荘でランチ みかさ荘は、奈良公園の隣にある、庭園と日本建築の邸宅が自慢の宿泊施設です。 事前に予約して、女子5人でランチをしました。 少し早くつきましたが、みかさ荘の方の …

【淡路島】ホテルニューあわじ棚田の湯~おのころ神社

  明石大橋を渡り、淡路島へ。 ハイウェイオアシスで休憩。明石海峡大橋を眺めるれます。カフェでほっこり。   『♪ホテル にゅ~うあ~わ~あじ~い~♪ 棚田の湯、くにうみの湯』 と …

検索

ペンネーム:coicoi
趣   味:友達とおでかけ
職   業:しがないOL
居 住 地:Osaka